ランボルギーニの歴史の最近の記事

ランボルギーニの現行車種の種類は、二種類しかありません。
ウラカンとアヴェンタドールです。

アヴェンタドールには、
オープンになるタイプのアヴェンタドール・ロードスターもあります。

アヴェンタドールはV12エンジンを搭載し、最高出力は700馬力。
100メートルを駆け抜けるのに要する時間は、たったの2.9秒。
最高時速は350km/hにも達するスーパーカーの名に相応しいスペックを誇っています。

そして、より手頃なランボルギーニという位置付けでありながらも、
ウラカンは610馬力を発生するV10エンジンを積んだハイスペックモデルとなっています。
また、特別限定車としてヴェネーノがあります。
アヴェンタドールをベースに開発された世界限定三台のハイパーカーの価格は
300万ユーロで、日本円にして約3億6000万円という超高額車で、
そのロードスターモデルもリリースされています。

歴史を遡れば、350GT、ミウラ、カウンタック、ディアブロ、
ムルシエラゴ、ガヤルド、レヴェントンといった歴史に名を残す名車から、
幻の超希少車や大人気車種まで、多彩な種類の車を世に出してきたのが
ランボルギーニ社です。

ちなみに、自転車でランボルギーニもあるそうです。
自転車はとても危険で、よく危険運転をしている人を見かけます。
万が一事故にでもあったらと思うと、怖いですね。
自転車事故の示談金には、その万が一の時の場合、
体験談が書かれていますので、見ておくといいでしょう。

ランボルギーニの創立者は、
フェルッチオ・ランボルギーニ
(1916年4月28日 - 1993年2月20日)というイタリアの人です。

レナッツォの大きな農家に生を受けましたが、
農業に対しては興味が持てなかったようで、
小さな頃から機械好きだったようです。

工科大学を卒業。卒業後に徴兵され、整備兵になります。
退役後は軍放出のトラックを元にして、
トラクターの製造販売を行うという
常に機械と共に歩む人生を続けています。

ランボルギーニトラットリーチ社の創立者となったのは1946年です。
当時、親分肌のフェルッチオを慕う人は多かった様です。

かつてフェルッチオは、「レースには出ない事」を社是としていましたが
これはフェラーリがレースに出るための資金を市販車で稼ぎ、
アフターサービス面などで消費者をないがしろにした事に
反発した為とも言われています。

1974年に引退した後は、ワイン造りやバラの栽培という
機械から離れた事に情熱を傾けていたようです。

ランボルギーニといえば、誰もが憧れるイタリアのスーパーカーです。
ごく稀に都会で走っている姿を見かけることもあります。

そうした憧れの車ですが、あまり詳しい価格相場は知られていません。
ランボルギーニのスーパーカーを買う場合、中古と新車の選択ができます。

国内で取引されている中古車でも、比較的数があるのがガヤルドです。
中古の価格相場は車の年式や状態も影響しますが、
おおむね1000万円から2700万円とかなり幅があります。
平均すると1600万円程度のものが多いです。

新車で購入候補になるのはウラカンとアヴェンタドールの2種類です。
ウラカンはガヤルドの後継車で、新車価格は2970万円です。
よりグレードの高いアヴェンタドールだと、新車価格は4317万円しています。

どれもこれもスゴく高いですよね。
一般人には、なかなか手が出せないですね。
ですが、プロミスについてのサイトを見つけた読んでみたら、
なんとプロミスなら最大500万円までなら借り入れ可能みたいですね。
これは早速利用をして新車の購入を考えてもいいですね。

実際には税や維持費などでさらに費用がかかります。
スーパーカーブームの火付け役になったカウンタックは
中古でもめったに出てきません。

しかし、バブル景気の時にカウンタクアニバーサリーの新車が、
かなり多く日本に輸出されました。

そうした車がバブル崩壊と共に倉庫で保管され、
ごく稀に市場に流れることがあります。

高級車の中でもひと際、
お値段が高いイメージの車の一つにランボルギーニがあります。

lamborghini-188960_1280.jpg

一般の方には、なかなか手が届かない憧れのスーパーカーでもあります。

ランボルギーニが好きな人の中には、
キャッシング会社でお金を借りてまで、
所有している人もいると思います。

そういう人のため、オススメな業者として、
審査のないキャシングに記載されているような所で、
借り入れするといいですね。

一般的に、ランボルギーニを所有しているだけで、
経済的に豊かな人という印象を受けます。

では、いったい、どのような方がランボルギーニを所有しているのでしょう。

職業的には、医者や経営者などの社長クラス、
芸能人やスポーツ選手など、比較的、高収入と呼ばれる職業の方に多いのが特徴です。

こういった、医者、社長クラス、
芸能人やスポーツ選手の方に所有率が多いのは、
高収入な事もさることながら、
自分を誇示するステイタスとしての見方もあります。

ランボルギーニは、他の高級車とは一線を博す、
選ばれた人のみしか購入できない車だからです。

その為、ランボルギーニを所有していると、
他人から注目されることにより、自己顕示欲を満たしてくれます。
仕事や実績などで、自分が頑張った証として持つ方が多いのかもしれません。

今や知らない人がいないスーパーカーメーカーのランボルギーニ社。

皆が憧れるスーパーカーということもあり値段が高いです。
それでもどうしても欲しいという人は、キャッシングを利用し手に入れています。

その、キャッシングには必ず審査というものがあります。
この審査に通るかどうかで不安な人もいるでしょう。
そこで、即日融資の審査内容というサイトをご紹介したいと思います。
比較的審査に通りやすい業者をまとめているサイトですので参考にしてみてください。

スーパーカーを作る自動車メーカーとしては、
フェラーリと並ぶ人気がありますが、
もともとはトラクターといった農耕機械を作っていた
メーカーであるというのは、割と有名な話です。

ランボルギーニの歴史の話で、
しばしば語られる有名な創業逸話に、
ランボルギーニ社の創始者がフェラーリを買いに行ったら、
客として相手にされなかったから、
フェラーリより凄い車を造ろうとしたという話がありますが、
実はこれは事実ではないようです。

本当の歴史は、ランボルギーニ創始者のフェルッチオが買った
フェラーリがよく故障していたので、
自分で修理をしたことに始まります。

フェラーリに使われていた部品が、
自社のトラクターに使っている部品と同じメーカーだったため、
同じ部品を使って数倍もの値段で儲けを出している
高級車業界に目をつけたというわけです。

ちなみに、ランボルギーニの車種名には
闘牛にちなんだ名前がつけられていて、
自社トラクターにもあの有名な猛牛の
エンブレムがつけられているところに、
その歴史を垣間見ることができます。