ランボルギーニの歴史ってどんなの?

| コメント(0) | トラックバック(0)

今や知らない人がいないスーパーカーメーカーのランボルギーニ社。

皆が憧れるスーパーカーということもあり値段が高いです。
それでもどうしても欲しいという人は、キャッシングを利用し手に入れています。

その、キャッシングには必ず審査というものがあります。
この審査に通るかどうかで不安な人もいるでしょう。
そこで、即日融資の審査内容というサイトをご紹介したいと思います。
比較的審査に通りやすい業者をまとめているサイトですので参考にしてみてください。

スーパーカーを作る自動車メーカーとしては、
フェラーリと並ぶ人気がありますが、
もともとはトラクターといった農耕機械を作っていた
メーカーであるというのは、割と有名な話です。

ランボルギーニの歴史の話で、
しばしば語られる有名な創業逸話に、
ランボルギーニ社の創始者がフェラーリを買いに行ったら、
客として相手にされなかったから、
フェラーリより凄い車を造ろうとしたという話がありますが、
実はこれは事実ではないようです。

本当の歴史は、ランボルギーニ創始者のフェルッチオが買った
フェラーリがよく故障していたので、
自分で修理をしたことに始まります。

フェラーリに使われていた部品が、
自社のトラクターに使っている部品と同じメーカーだったため、
同じ部品を使って数倍もの値段で儲けを出している
高級車業界に目をつけたというわけです。

ちなみに、ランボルギーニの車種名には
闘牛にちなんだ名前がつけられていて、
自社トラクターにもあの有名な猛牛の
エンブレムがつけられているところに、
その歴史を垣間見ることができます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.raymondcollishawandtheblackflight.com/mt-tb.cgi/3

コメントする