ランボルギーニの種類は?

| コメント(0) | トラックバック(0)

ランボルギーニの現行車種の種類は、二種類しかありません。
ウラカンとアヴェンタドールです。

アヴェンタドールには、
オープンになるタイプのアヴェンタドール・ロードスターもあります。

アヴェンタドールはV12エンジンを搭載し、最高出力は700馬力。
100メートルを駆け抜けるのに要する時間は、たったの2.9秒。
最高時速は350km/hにも達するスーパーカーの名に相応しいスペックを誇っています。

そして、より手頃なランボルギーニという位置付けでありながらも、
ウラカンは610馬力を発生するV10エンジンを積んだハイスペックモデルとなっています。
また、特別限定車としてヴェネーノがあります。
アヴェンタドールをベースに開発された世界限定三台のハイパーカーの価格は
300万ユーロで、日本円にして約3億6000万円という超高額車で、
そのロードスターモデルもリリースされています。

歴史を遡れば、350GT、ミウラ、カウンタック、ディアブロ、
ムルシエラゴ、ガヤルド、レヴェントンといった歴史に名を残す名車から、
幻の超希少車や大人気車種まで、多彩な種類の車を世に出してきたのが
ランボルギーニ社です。

ちなみに、自転車でランボルギーニもあるそうです。
自転車はとても危険で、よく危険運転をしている人を見かけます。
万が一事故にでもあったらと思うと、怖いですね。
自転車事故の示談金には、その万が一の時の場合、
体験談が書かれていますので、見ておくといいでしょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.raymondcollishawandtheblackflight.com/mt-tb.cgi/8

コメントする